コラム

TIME誌が大手ヘッドホンメーカーを強烈Dis。その真意は?

51oTxavxMNL._SL1000_

 世界初のニュース雑誌で知られるTIME誌が18のヘッドホンブランドを100点満点でランク付けした結果を発表しました。ご覧になっていない方はまず結果を見て頂きたいと思います。(カッコ内は点数)

Blown Out(論外)

  • 18位 Plantronics (57)
  • 17位 Beats by Dre (58)
  • 16位 Skullcandy (62)

Tone Deaf(難聴)

  • 15位 Koss (68)
  • 14位 Creative (68)
  • 13位 Philips (72)

Unsound(音にあらず)

  • 12位 Bose (73)
  • 11位 Apple (74)
  • 10位 Panasonic (74)

Sounds Good(良い)

  • 9位 Audio-Technica (74)
  • 8位 JVC (75)
  • 7位 Sennheiser (78)

Sounds Great(とても良い)

  • 6位 AKG (79)
  • 5位 Sony (80)
  • 4位 Pioneer (83)

Super Sonic(スーパー)

  • 3位 Klipsch (84)
  • 2位 Grado (89)
  • 1位 Shure (90)

出典:18 Headphone Brands Ranked from Worst to First | TIME

 随分と過激的な表現ですが、読者諸兄はこの結果どのように思ったでしょうか?そうだと感じるところもあれば、首をかしげる部分もあると思います。ここで考えたいのは「この結果が妥当かどうか」ではなく、むしろこの記事が生まれた背景です。

 ランキングばかりに目が行きがちですが、TIME誌が伝えたかったのはこの記事の最初と最後の部分ではないでしょうか。

 Dr. Dreへの強烈な皮肉で始まるこの記事は「人々は正しいヘッドホンを買っていない」と伝えています。続けて、マーケティングで飽和してしまったオーディオ業界を嘆き、ネームバリューだけでプラス300ドルを支払うマヌケな消費者を糾弾しているのです。

 「んなもん余計なお世話だわ」と思う方もいるでしょうが、これはTIME誌なりの「本当に良い音に耳を傾けてほしい」というメッセージであると思います。マクドナルドが世界一美味しいハンバーガーではないように、売れている製品が正しいというわけではありませんよね。

 そして、この記事は次のような文言で終わります。

資金繰りが苦しいならソニーやビクターの安価な製品が良いですが、オーディオの喜びに新しい一歩を踏み出したい方は、ここ(1位〜3位に挙げたブランド)から始めなければなりません。

 私たちは日々、避けることのできない大量の広告にさらされ、それは購買心理に大きな影響を及ぼしています。そのため「ブランドではなく品質で選ぶ」というのは、想像するよりもずっと難しくなってきていると感じます。

 だからこそ、この記事のランキングで感じる「このブランドはあのブランドよりも上だな」というような”自分の中にある偏見”と向き合うことも、大切なことではないでしょうか。

 その点において、この過激な内容の記事にも有意義な部分を見いだせるように思います。とはいえ、音で選んでいるつもりでも、ついブランドやスペックのプラシーボ効果にやられちゃうことありますよね。とても難しいですが、良いモノを見極める目(耳)を持ちたいなぁとつくづく思います。

 あ、個人的にGradoが2位なのは何かうれしかったです。(これぞ偏見)

関連記事

  1. googleplaymusic iTunesユーザーは無料のGoogle Play Musicを…
  2. 23344 シューゲイザーを聴くのにおすすめのイヤホンはこれだ!
  3. acoustune HS1004 楽しさ凝縮!3万円以下のダイナミック型イヤホン傑作選
  4. 51oP1GFgrPL._SX349_BO1,204,203,200_ オーディオが趣味足り得ないと言われることへの自省的反論
  5. AliExpress AliExpress 使い方から値引き交渉の仕方まで【スマホ編】…
  6. potafes2016_nagoya 明日はポタフェス名古屋!聴きどころをチェック!
  7. massdrop レアな商品が安く買える!massdrop(マスドロップ)の使い方…
  8. 515X0hQwi8L FiiO X7がアウトになった「技術基準適合証明」って?

新着ヘッドホンレビュー

HIFIMAN HE400S 【実機レビュー】HIFIMAN HE400S ポタで鳴らせる平面駆動型! HIFIMAN Edition S White 【実機レビュー】Edition S White 色が変わって魅力アップ? Edition X V2 【実機レビュー】HIFIMAN Edition X V2を初代と比較しました YAXI for HD25 Comfort YAXI for HD25 TypeBとComfortを買ってみました(小ネタも) gs2000e-2 【試聴レビュー】Grado GS2000eとPS1000eを聴き比べ massdrop HE-350 RE-00 massdrop限定!HIFIMAN HE-350とRE-00が届きました! moshi avanti 【実機レビュー】moshi avanti 洗練されたデザインとサウンド IMG_1595 【実機レビュー】HIFIMAN Edition S 必聴のHiFiサウンド zoro2 wireless 【実機レビュー】noontec ZORO Ⅱ wireless の音質は? HA-MX100-Z 【実機レビュー】HA-MX100-Zに感じたVICTOR STUDIOの本気

最新イヤホンレビュー

OSTRY KC08T 【実機レビュー】OSTRY KC08T オープンエアー型の秀作 moxpad MO-X9 【実機レビュー】moxpad MO-X9 問答無用のヘヴィサウンド Astrotec AX-35 【実機レビュー】Astrotec AX-35 自然な音が魅力のハイブリッド機 Oriolus Forsteni 【実機レビュー】Oriolus Forsteni 低域と音場が光るハイブリッド機 astrotec AM850 【実機レビュー】Astrotec AM850 メタルとウッドの良いトコ取り! magaosi k3 【実機レビュー】magaosi k3 中華ハイブリッドに新星の予感 RHA CL1 CL750 DACAMP L1 【実機レビュー】RHA CL1 CL750 DACAMP L1 オーディオファン必聴の快作 chord and major 【実機レビュー】Chord&Major 4製品を一挙に聴き比べ! vega2 【試聴レビュー】Campfire Audio VEGA&LYRA IIを聴き比べ! 64audio U4-SE 【実機レビュー】64audio U4-SE この低音は中毒性高し!

レビューの裏側を語るメルマガ配信中!

サイトには掲載できない話をメルマガで書いてます。
メルマガ読者限定の情報やイベントも企画中!!
「HEAD Bank 編集裏話」にぜひ登録してください!

おすすめポータブルアンプ





おすすめ音楽プレーヤー









おすすめ高級イヤホン















最新記事

  1. OSTRY KC08T
  2. XELENTO REMOTE
  3. イヤホン イヤーピース イヤーチップ 比較
  4. moxpad MO-X9
PAGE TOP