コラム

3万円以下で優れた音質!おすすめヘッドホン5選

WS1100

 これまで40弱のヘッドホンをレビューしてきましたが、ここ最近は優れた3万円以下のヘッドホンが増えている気がします。そこで過去にレビューした機種から、ぜひ聴いてもらいたい2〜3万円のヘッドホンをチョイスしてみました。

 秋口にはきっとヘッドホンが欲しくなる方もいると思うので、購入の参考にしてみてください!

クリアかつ豊かな低音 ATH-WS1100

オーディオテクニカ ハイレゾ対応ヘッドホンaudio-technica SOLID BASS ATH-WS1100
オーディオ・テクニカ
売り上げランキング: 22,317

 まず1機種目はaudio-technicaのATH-WS1100。こちらは「SOLID BASS」という重低音を重視したシリーズなのですが、厚みのある低域ながらブーミーにならずクリアな音質を楽しめる機種です。

 情熱的な低域とクールな中高域の対比が面白く、エレクトロな音楽との相性は抜群の1台になっています。電子音楽やボカロ系なんかを聴く人におすすめしたい機種ですね!

マスタリング・エンジニアの知恵を結晶 PHONON 4000

 PHONONは「音楽のイマジネーションを正確に伝えること」を使命に設立された日本のオーディオメーカー。日本での知名度はあまり高くないように思いますが、海外のオーディオ誌では高い評価を得ています。

 製品の音質は全てゴールデンイヤーを持つマスタリング・エンジニアによってチューニングされており、徹底的な音質追求がなされています。実際に取材に行かせて頂いたんですが、この4000という機種は、マスタリングで使うラージモニター(これも音質追求の塊)の音に近い表現がなされていました。

 見た目ではなく音質にこだわったということで本当にシンプルな見た目のヘッドホンですが、音の良さは目を見張るものがあります。ぜひ一度聴いてみてほしいヘッドホンです!

ポータブルの傑作 HIFIMAN Edition S

 3万円以下のポータブルヘッドホンではずっとPHONON 4000が最高だと思っていたのですが、その超個人的な牙城に食い込んできたのがHIFIMAN Edition Sでした。

 程よい低域とニュートラルなサウンドが魅力の4000に対して、Edition Sは抜群の分離性能と音場感で攻め立ててきます。また密閉と開放を切り替えられるという構造もユニークで、遊び心を感じますね。

 3万で得られる音質としては、オーディオファンが望む理想形にかなり近いものを提供しているように思います。特に高域の美しさは格別のものがあるので、高域ファンにもぜひ試してほしい1台です!

デザイン・装着感・音質の両立 moshi avanti

 こちらは先日レビューしたばかりの機種ですね。美しいデザインと、装着感・音質を兼ね備えた実力派モデルです。人間工学に基づいた優れた設計により装着感を実現しており、そこら辺のオシャレヘッドホンとは一線を画したクオリティーに仕上がっています。

 サウンドは味付けが少なく、シンプルながら飽きのこないものになっていると感じました。女性がつけても違和感の少ないデザインになっているので、可愛い・カッコ良いヘッドホンを探している方にも自信を持っておすすめできる1台です。

 パッケージもオシャレなのでプレゼントにも良いですね!

JVC HA-MX100-Z

HA-MX100-Z ハイレゾ対応ヘッドフォン
JVC
売り上げランキング: 7,167

 ここまで全てポータブルヘッドホンだったので、最後は据え置きヘッドホンを。3万円以下の据え置きなら断然おすすめなのはJVC「HA-MX100-Z」ですね。サイズ的にはポータブルでも使用できるのですが、ケーブルが2.5mと長めになっているのがネックです。

 このようにケーブルが長くなっているのは、この機種が「スタジオモニターヘッドホン」だからに他なりません。モニターと言っても、そんじょそこらのモニターヘッドホンではなく、日本の老舗スタジオ「ビクタースタジオ」と共同開発された、正真正銘「スタジオ・リファレンス」ヘッドホンなのです。

 モニターヘッドホンと言っても冷たく疲れる音ではなく、リスニングでも十分に楽しむことができるサウンドになっています。定位や音像がばっちりと決まった音は聴いていてとても気持ち良いですよ。

ということで、2〜3万円のおすすめヘッドホン5機種でした。各ヘッドホンのレビュー記事も貼っておきますので、気になるモデルがあったらチェックしてみてください!

ヘッドホンもイヤホンも2~3万円には良い機種が豊富で楽しいですね〜!

【実機レビュー】audio-technica ATH-WS1100 重低音と解像感のあいだ

【レビュー】PHONON 4000の音はぜひ聴いてみてほしい

【実機レビュー】HIFIMAN Edition S 必聴のHiFiサウンド

【実機レビュー】moshi avanti 洗練されたデザインとサウンド

【実機レビュー】HA-MX100-Zに感じたVICTOR STUDIOの本気

関連記事

  1. IMG_0684 PlayStation Vitaをヘッドホンアンプで高音質化して…
  2. DX80 iBasso Audio DX80のDACチップ「CS4398」…
  3. 知ってる?ダイナミック型とBA型はどう違うの?
  4. aging イヤホンのエージングを1時間で簡単に終わらせる方法
  5. kansha いつも、ありがとう。HEAD Bankは2歳になりました。
  6. 150609newmusicappicon まだ音楽とか買ってるの?という時代はすぐそこに来ている
  7. CUP NOODLES 【レビュー】世界のカップヌードルサミット2017 ぜんぶ食べ比べ…
  8. googleplaymusic iTunesユーザーは無料のGoogle Play Musicを…

ピックアップ記事

  1. 20151117162508
  2. AQUA
  3. 20151207150742
  4. Campfire Audio ANDROMEDA
  5. chord and major
  6. Fidue A85 VIRGO
  7. TFZ SERIES1
  8. TFZ SERIES 1S
  9. HIFIMAN RE-600
  10. VASA BLÅ

おすすめ記事

N60NC 【レビュー】AKGの新シリーズ N60NCの音質をチェック aging イヤホンのエージングを1時間で簡単に終わらせる方法 くみたてLab 【イベントレポ】ポタ研 2016 冬 試聴レポートまとめ JVC SU-AX01 【レビュー】JVC SU-AX01 オーディオの面白さ凝縮した1台 FiiO X7 AM0 AM1 AM2 AM3 AM5 【レビュー】FiiO X7&AM1〜AM5まで聴き比べてみました
PAGE TOP