イヤホンレビュー

【レビュー】Campfire Audio VEGA&LYRA IIを聴き比べ!

vega2

 Campfire Audioの新作ダイナミックが発売になりましたね。LYRAの終了は惜しむ声が多かったので、後継を待ち望んでいた方も多かったのではと思います。

 今回はVEGAとLYRA IIを店頭で聴き比べてきました。TwitterではLYRA IIの方がやや人気高めですかね?では、簡単ですが音の感想を書いてみます!

Campfire Audio VEGA レビュー

 新しい流体金属のハウジングはつるりとして無駄がなく、美しい見た目をしています。重すぎず軽すぎず、適度な重量には高級感があり、それでいてサイズは旧LYRAとほぼ変わらないので装着感も良好でした。

 新ハウジングはチタンよりも硬いということなので割れる心配は無さそうです。強度面で安心感があるのは、長く付き合っていく上で大切なことだと思います。(割れたり壊れたりするイヤホン、高い機種でも結構多いですからね)

 これは本当に私の個人的な意見なのですが、Capmfire Audioのイヤホンって星や星座に関する名前が付けられている通り、あまり明るい音ではないと思うんですよね。はっきり言ってしまうと、ちょっと暗いというか陰のある音だと感じています。

 そうしたCampfire Audioの持つある種の「暗さ」に、Sigur RosやMogwaiといった根暗な音楽を愛する私は、惹きつけられてしまうのだと思います。そして、VEGAにおいてもその魅力は変わらないどころか、さらに磨きがかかっていました。

 試聴した限りでのVEGAの魅力、それは深い深い低音にあるように思います。まるで無から有が生まれるかのごとく、深部から湧き上がるような低音を聴くことができました。それはハウジングをガタガタと震わすような品の無いものではなく、分厚く、静かで、力強さを感じるものです。

 サウンド全体を見渡してみると「濃く、太い音」をしていて、ローとハイに良い意味での強調感というか「リッチな感じ」があります。ただそれはマルチBA機やハイブリッド型で感じるような違和感のあるものと違い、本当に自然な鳴り方で、単純に「凄い性能のドライバーだなぁ」と感心されられるものでした。非常にワイドレンジなサウンドですね。

 ダイナミック型というとハイの表現、特にシンバルの質感に不満を感じることがありますが、VEGAはそれを全く感じさせません。BA機も顔負け、透明感のあるハイを綺麗に鳴らしてくれます。

 BA機は全体的に音が近くなりがち(それゆえ細かい音も聴こえる)ですが、VEGAはダイナミック型ということもあり音の奥行き、立体感の表現もさすがでした。さすが最上位モデルだけはありますね。音の濃さを強く感じるからか、音場はそれほど広くないと思いましたが、必要十分といったところではないでしょうか。

 総じて従来のダイナミック型イヤホンという常識に当てはめて語って良いか迷うレベルのイヤホンですね。ダイナミックにはまだまだ可能性があることを見せつけてくれた1台でした。

Campfire Audio LYRA IIレビュー

LYRA Ⅱ

LYRA Ⅱ

 
 こちらはVEGAや旧LYRAと比較して簡潔に書きます。

 LYRA IIはVEGAと比較すると上下に強調感の少ない、より整ったバランスのイヤホンだと感じました。VEGAでローが強いと感じた人にはLYRA IIのバランスがより良いと思われます。

 従来のLYRAはシリコンチップだと高域がキツく感じてしまい、フォームチップだと低域が出過ぎてしまうといった具合に、なかなか気難しい性格の持ち主でしたが、LYRA IIではそれが改善されたように思います。シリコンチップで聴いてもサウンドバランスが気になるということはありませんでした。このあたりは新しいハウジング素材が高域改善に寄与してくれたようです。

 LYRA IIはVEGAや旧LYRAと比較すると「上手にまとまった優等生」という感じで、若干キャラの薄さが気になりますが、より多くの人が「良い」と感じる音になっているのではないでしょうか。そういう意味ではVEGAの方が若干マニアックというか、人を選ぶ音だと思います。

総評

 Campfire Audioの新ダイナミック2機種、どちらも同社のサウンド哲学を感じる、「らしさ」溢れたイヤホンでした。今回はどちらもDP-X1直で聴いたのですが、VEGAの方は鳴らしきれてないというか、ぜひアンプも試してみたい奥深さを感じましたね。(真空管アンプで聴いたら凄そう…)

 2機種を聴いて改めて思ったのはCampfire Audioのイヤホンはやっぱり面白いということ。ほんと、どちらのイヤホンも「ダイナミックでありながら、ダイナミックとは思えない」というようなサウンドをしています。凄いなぁの一言。

 どちらも高級機種なのでおいそれと買うのは難しいですが、ぜひ一度聴いてみてほしいサウンドです。うーん。人にオススメするならLYRA IIの方を選んじゃうかな〜?そんなことを語らうのも楽しいイヤホンだと感じました。おすすめです!

Campfire Audio VEGA CAM-4907
Campfire Audio VEGA CAM-4907
posted with amazlet at 16.11.13
Campfire Audio
売り上げランキング: 84,902

関連記事

  1. HIFIMAN RE800 【レビュー】HIFIMAN RE800 ダイナミック型の進化はど…
  2. SONOROUSⅢ 【レビュー】final SONOROUS III 使って分かった…
  3. 81Xxbb6WeiL._SL1500_ 【レビュー】PHILIPS Fidelio M2Lは不遇のヘッド…
  4. 1458045252_thumb.jpeg 【レビュー】HIFIMAN Edition X いつか必ず欲しい…
  5. Fidue MMCX 2.5mm 【開封】Fidue MMCX 2.5mmプラグ バランス接続ケー…
  6. AQUA 【レビュー】ELECOM AQUA 激戦区に新イヤホン
  7. erib-5a 【レビュー】oBravo erib-5a 暖かく懐かしいサウンド…
  8. JVC HA-FX1100 【レビュー】JVC HA-FX1100をついに買いました

DAP&アンプレビュー

aune M1s 【レビュー】aune M1s 無駄を削ぎ落としたピュアな音楽プレイヤー isai beat LGV34 【レビュー】isai Beat LGV34「Quad DAC」の実力は? 20151231145818 【レビュー】ONKYO DP-X1 期待の国産DAPを試す OPUS#1 【レビュー】The Bit OPUS#1 最高の操作感! FiiO X7 AM0 AM1 AM2 AM3 AM5 【レビュー】FiiO X7&AM1〜AM5まで聴き比べてみました ONKYO GRANBEAT 【レビュー】ONKYO GRANBEATを2週間使って分かったこと Aune B1 LTD 【レビュー】Aune B1 LTD 艷やかで滑らかなハイグレードアンプ aune B1s 【レビュー】Aune B1s 手軽なディスクリートアンプの定番に! HA-P90SD 【レビュー】TEAC HA-P90SD ありそうでなかった1台 HIDIZS AP-60 【レビュー】Hidizs AP-60 完成度の高さに驚き!

イヤホンレビュー

HIFIMAN RE800 【レビュー】HIFIMAN RE800 ダイナミック型の進化はどこまで? IMG_1480 【レビュー】ADV.SOUND M4 歌モノ聴くならこれ! 31MNSHyAqHL 【レビュー】ソニー MDR-EX750NA ノイズキャンセリングに驚き MEE audio Pinnacle 【レビュー】MEE audio Pinnacle P1 これは買いの1台 XELENTO REMOTE 【レビュー】XELENTO REMOTE まさにエクセレントな1台 Campfire Audio ANDROMEDA 【開封】Campfire Audio ANDROMEDAを買いました QE80 【レビュー】UPQのイヤホンQE80とQE50の音質は? ME05 【レビュー】Master&Dynamic ME05 BRASS の音質は? CHORD&MAJOR Electronic Music-Major01'16 【レビュー】CHORD&MAJOR Electronic Music Major01’16 41LZUhiNyKL 【レビュー】VSONIC VSD3Sは1万円以下の大本命!?

レビューの裏側を語るメルマガ配信中!

サイトには掲載できない話をメルマガで書いてます。
メルマガ読者限定の情報やイベントも企画中!!
「HEAD Bank 編集裏話」にぜひ登録してください!

おすすめポータブルアンプ





おすすめ音楽プレーヤー









おすすめ高級イヤホン

















最新記事

  1. converge
  2. IMG_5953
  3. Fidue A85 VIRGO
  4. hitsuji
PAGE TOP