アンプレビュー

JVC新製品 HA-FW01 02 03&SU-AX01聴いてきました

img_2484

 本日ついに発表されたJVCの新作イヤホンとポータブルアンプ。ひと足お先に聴かせて頂く機会がありましたので、そのレポートをしたいと思います。

 今回発表された新製品はイヤホン3種、ポタアン、ケーブル3種となっています。順番に見ていきましょう!

JVC新作WOODイヤホンの特長

木の美しい響きと自然な音の広がりで、人気の高いWOODイヤホンに最新作3機種が登場しました。

特長は大きく3点。

  • より軽量化された新型のウッドドームユニット
  • ハウジング背面に設置されたウッドスタビライザー
  • ノズル側パーツの内面に施されたアコースティックピュリファイアー

 薄く軽くなった新型ウッドのドライバーは、リニアリティが改善され低音楽器の階調表現がより向上しています。背面のウッドスタビライザーは振動を抑制、よりサウンドをクリアにしてくれるそうです。

新ウッドドームユニット

新ウッドドームユニット

ウッドスタビライザー

ウッドスタビライザー

 アコースティックピュリファイアーというのはノズル側パーツの内面に施されたドット構造。これによって音を拡散に自然な音の広がりを実現しています。

アコースティックピュリファイアー

アコースティックピュリファイアー

 いろいろな試みや技術が詰まった製品になっていますね!続いては、各モデルを聴いた感想を。

HA-FW01

HA-FW01

 WOOD 01 inner(型番HA-FW01)は、今回発表された中では最上位モデル。振動板のサイズは11mmで、音響に関して内部に4つの金属パーツが使用されています。もちろんMMCXでリケーブルが可能。5万円前後の市場価格が想定されています。

ha-fw01_img05

 ハウジングの丸みは少し大きさを増しましたが、ノズルから背面までの幅が短くなったので装着の安定感は良くなっていました。またノズルの角度も耳孔に対してやや上向きになっており、抜け落ちにくくもなっています。

 サウンドはどっしりしたWOODシリーズらしい低音と、より一層クリアで繊細になった中高域が印象的です。FX1100と比較すると、低音はややシャープになって表現力を増しており、中高域には華やかさを感じました。

 バランス駆動で聴いてみると、WOODらしい広い音場と迫力満点の臨場感がうまくミックスされており、さすがの実力が感じられます。今作は今までのWOODシリーズの良さを活かしながら、同時に不満点を改善しているような音の印象を受けました。今のハイレゾ市場をしっかりと捉えた音作りになっているように思います。

HA-FW02

HA-FW02

 02は内部に3つの金属パーツを使用したモデル。振動板は10mmとなっており、01よりも1mm小さいものになっています。こちらもMMCXでリケーブル可能。35,000円前後の市場価格が想定されています。

ha-fw02_img05

 02の形や装着感は01とほぼ同じですが、ハウジングの色はやや明るくなっています。よりウッドを感じるカラーリングですね。

 サウンドは従来のWOODシリーズとは少し違った印象で、解像感が高くフラット寄りのバランスに聴こえます。完璧なモニターサウンドとまではいきませんが、従来のWOODシリーズの低域が苦手と感じていた方にもおすすめできるモデルになっていると感じました。

 02はスタンダードモデルという位置づけなので、より多くの人に好まれる解像感の高いサウンドを目指したのかもしれません。もちろん、その中にWOODならではのスパイスも効いたサウンドになっています。01とはまた違った方向なのでぜひこちらも聴いてほしいですね。

HA-FW03

HA-FW03

 03は内部に2つの金属パーツを使用したモデル。振動板は02と同じく10mmのものを採用しています。こちらはMMCXケーブルにはなっておらず、24,000円前後の価格予想なっているようです。

ha-fw03_img05

 MMCXを使用していないので、つけ心地はさらに軽くなっていました。03のサウンドは02と似た傾向にありますが、中高域の立ち上がりが早く、スピーディーな印象に聴こえます。一聴して「あぁ、これはロックに合うなあ」と思いました。

 音場の広さ、響き、余韻といった部分では上位モデルに譲る部分がありますが、分かりやすい楽しさを持っており、WOODの新しいエントリーモデルとして充分な魅力を感じました。

 3モデルを見渡すと、従来モデルからさらに進化を推し進めた01と、WOODとして新しい魅力を伝える02・03というラインナップになっていますね。FX1100のようなエクスクルーシブモデルの発売はあるのか、今から楽しみです。

フルバランス ディスクリートアンプSU-AX01

SU-AX01

 ポタ研のレポートで度々紹介していきたJVCのポタアンですが、フタを開けてみるとなんとフルバランス・ディスクリートアンプでした。

 バランス接続は「ボリューム・電源・ジャック(3.5mm)」が全て左右独立となっているという徹底ぶりで、まごうことなきフルバランスを実現しています。アンプ部はディスクリート構成になっており、大型のヘッドホンにもしっかり対応しているとのこと。

 その他、ボリュームにはギャングエラー0の電子ボリュームが使われ、さらには干渉を防ぐためデジタル基盤とアナログ基盤が分離した設計になっているというのだからあっぱれです。

SU-AX01

デジタル基盤とアナログ基盤

SU-AX01

2つの基盤で2階建のようになっている。

 とくにかく徹底して高音質化の技術がつめこまれたアンプですね。想定売価は11万円前後と決して安くはないですが、中身を知れば納得です。

 以前ポタ研のレポートで、ボリューム部分の緑ランプが外部電源に接続するとなぜか青くなるとお伝えしましたが、こちらも謎が解けました。

 これは「ハイインテンシティモード」というもので、外部電源と接続の際はその充分な電力を利用して、より繊細で鮮明な表現ができるようになっているとのことです。つまり、据え置き機のようにも使えてしまうということですね。

 ということで、さっそくHA-FW01を使って3.5mm×2のバランス接続で聴いてみました。サウンドは上質でなめらかです。変な味付けや主張は無いのに、それでいて「これぞJVCのアンプだ」と思わせる、ぬくもりや響きがあります。

 試聴時間はそれほど長く無かったので、細かなキャラクターについては後日しっかりレビューしたいところですが、少しの試聴でも「これは良いなぁ」と思わされてしまいました。発売は11月上旬とのことで、とても楽しみです。

3.5mm×2ってどうなの?

 さて、ユーザー目線で考えると「3.5mm×2」という接続方法はどうなの?と思う方もいらっしゃると思います。「2.5mmでいいじゃん」と言いたくなる気持ちも分かりますが、音質で考えると左右が最後まで交わらないこの接続方法は優れている面もあります。

 また3.5mmという汎用的なプラグを使っているので、ケーブルを作るのがそう難しくないのは救いですね。(費用はかかっちゃいますけど。)

 さらにこの接続方法は既にSONYが採用しており、開発の方にお伺いしたところSONYのケーブルを流用することは可能だそうです。(「アンプの中身はかなり違いますけど」と念をおされました。)

 もちろんJVCの機器で、このバランス接続を使うためのケーブルも販売されます。
img_2497

 この3種類のケーブルはMMCX、Signaシリーズ用、WOODヘッドホン用となっています。

 今回の新製品はこれまでヘッドホンのみが展開されていた「CLASS-S」というシリーズに位置づけられており、今回アンプとケーブルが登場したことで、ヘッドホン・イヤホン・アンプがバランス接続で繋がるシリーズとなりました。

 今後「CLASS-S」シリーズがどんな展開をみせていくのか、個人的にとても楽しみです。やっぱりここまできたらDAPも…と期待せずにはいられません!

 最後に。今回のWOODイヤホン発売にともなって、現行のWOODイヤホンシリーズ(FX850や1100)は販売が終了になるそうです。急に店頭から消えることはないと思いますが、欲しいと思っていた方は早めにゲットしておきましょう!

 ということで以上、JVC新製品のレポートでした!

JVC HA-FX750 WOODシリーズ カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応 ブラック
JVCケンウッド (2014-02-20)
売り上げランキング: 5,173

関連記事

  1. AH-GC20 【試聴レビュー】DENON AH-GC20が発売されたので聴いて…
  2. 20150916162419 【実機レビュー】ケンウッド KH-KZ3000の音質は?
  3. 4000 【レビュー】PHONON 4000の音はぜひ聴いてみてほしい
  4. PS500e 【連載レビュー第1回】Grado PS500eで聴こう!「ロック…
  5. acoustic effect 【イベントレポ】春のヘッドフォン祭2015で出会った素晴らしい製…
  6. 20150817230853 【試聴レビュー】ゼンハイザー Momentum M2の音質は?
  7. pfesday2 【イベントレポ】ポタフェス2015 2日目レポート
  8. img_31211 【レポート】秋のヘッドフォン祭 2016の感想まとめ

新着ヘッドホンレビュー

HIFIMAN HE400S 【実機レビュー】HIFIMAN HE400S ポタで鳴らせる平面駆動型! HIFIMAN Edition S White 【実機レビュー】Edition S White 色が変わって魅力アップ? Edition X V2 【実機レビュー】HIFIMAN Edition X V2を初代と比較しました YAXI for HD25 Comfort YAXI for HD25 TypeBとComfortを買ってみました(小ネタも) gs2000e-2 【試聴レビュー】Grado GS2000eとPS1000eを聴き比べ massdrop HE-350 RE-00 massdrop限定!HIFIMAN HE-350とRE-00が届きました! moshi avanti 【実機レビュー】moshi avanti 洗練されたデザインとサウンド IMG_1595 【実機レビュー】HIFIMAN Edition S 必聴のHiFiサウンド zoro2 wireless 【実機レビュー】noontec ZORO Ⅱ wireless の音質は? HA-MX100-Z 【実機レビュー】HA-MX100-Zに感じたVICTOR STUDIOの本気

最新イヤホンレビュー

OSTRY KC08T 【実機レビュー】OSTRY KC08T オープンエアー型の秀作 moxpad MO-X9 【実機レビュー】moxpad MO-X9 問答無用のヘヴィサウンド Astrotec AX-35 【実機レビュー】Astrotec AX-35 自然な音が魅力のハイブリッド機 Oriolus Forsteni 【実機レビュー】Oriolus Forsteni 低域と音場が光るハイブリッド機 astrotec AM850 【実機レビュー】Astrotec AM850 メタルとウッドの良いトコ取り! magaosi k3 【実機レビュー】magaosi k3 中華ハイブリッドに新星の予感 RHA CL1 CL750 DACAMP L1 【実機レビュー】RHA CL1 CL750 DACAMP L1 オーディオファン必聴の快作 chord and major 【実機レビュー】Chord&Major 4製品を一挙に聴き比べ! vega2 【試聴レビュー】Campfire Audio VEGA&LYRA IIを聴き比べ! 64audio U4-SE 【実機レビュー】64audio U4-SE この低音は中毒性高し!

レビューの裏側を語るメルマガ配信中!

サイトには掲載できない話をメルマガで書いてます。
メルマガ読者限定の情報やイベントも企画中!!
「HEAD Bank 編集裏話」にぜひ登録してください!

おすすめポータブルアンプ





おすすめ音楽プレーヤー









おすすめ高級イヤホン















最新記事

  1. OSTRY KC08T
  2. XELENTO REMOTE
  3. イヤホン イヤーピース イヤーチップ 比較
  4. moxpad MO-X9
PAGE TOP