イヤホンレビュー

【実機レビュー】acoustic effect YSM-03の世界に通じる音

YSM-03/R

あ、どうも!すぎやまです!
たまにツイッターで応援してくださる方がいて、本当にうれしいです。
ヘッドバンク始めて良かった!と思っております。

今回は純国産イヤホン acoustic effect(以下、アコエフ)のレビューです!
アコエフさんは「本物の日本製」ということで、筐体やドライバーはもちろん、イヤーチップや外装箱に至るまで、徹底して日本製品を使用しているメーカーさん。
今回はなんと試聴機をお貸し頂けたので、じっくり聴かせて頂きました。
試聴したのは「YSM-03/R」というモデルです。(税抜 44,000円)

アコエフのモデル紹介

とはいえ知らない方もいると思うので、簡単に各モデルの紹介をします。 
アコエフのイヤホンには4つのモデルがあります。
YSM-01、YSM-02/S、YSM-03/R、YSM-04/RSです。
01のリケーブル可能モデルが03/Rで、02/Sのリケーブル可能モデルが04/RSとなっています。
01と02/Sの違いはボイスコイル。02/Sは純銀を使用することで、音場を広げ解像感を高めています。
03/Rと04/RSでは2ピンケーブルが使用可能となっています。
 
f:id:furihaku:20150615161115j:plain
 
では、さっそくレビューしていきます!

acoustic effect YSM-03/Rレビュー

本体の質感や装着感

まず本体の質感を語る前に、外装箱について語らなければならないでしょう。
f:id:furihaku:20150615154909j:plain
↑の箱、実はプラスチックではありません。ずっしりとした金属でできています。
四隅のネジを外して開ける時の高揚感は、Apple製品を開封する時の気分に似ていますね。ちなみにiPhoneの外箱はわざとゆっくり落ちて開くように設計されてるそうですよ。

「この箱も日本製かぁ。すごいなぁ。」と、そんな気持ちで、ネジを外して箱を開けるとイヤホンと感動のご対面となります。(感動を削がないために、あえて写真は割愛します。)
 
本体は美しく加工された金属製で、ツルツルとしています。ずっしりと重いわけではないので、リスニングに影響することはないでしょう。
金属的な本体と背面に入れられた白いロゴのデザインがカッコイイ。
f:id:furihaku:20150615163732j:plain
 
装着感は軽くて良いです。つけたり外したりが億劫になりません。イヤーチップも変えて試しましたが、私にはLサイズがピッタリでした。本体とイヤーチップがしっかりハマってくれるので、イヤーチップだけが耳の中に残ることも無さそうですね。
 

音質

いやーこれがビックリしました。シングルBAドライバーのイヤホンとは思えない音がします。音が厚いですね。音に厚みがあるので、曲の持つ空気感や余韻をしっかりと伝えてくれます。
シングルBAのイヤホンだと、どうしても高音域が強調され、音の自体の厚みが薄くなりがちです。だからつい音量を上げてしまうのですが、このイヤホンではそんな必要はありません。普段より小さな音でも音楽を楽しむことができました。
 
試聴したYSM-03/Rの音場は普通よりも広いといった感じですが、解像感や定位は非常にしっかりしています。ボーカルも聴き取りやすいですね。この適度な広さの音場感がロックと抜群に合うと感じました。

チャットモンチーの「世界が終わる夜に」を聴いたら鳥肌ものでしたね。
NUMBER GIRLの「NUM-AMI-DABUTZ」なんてさらに最高です。

このイヤホン、ロックバンドの楽器音が素晴らしく良いです。
特にドラムのハイハットやクラッシュの余韻、スネアの音の抜け方が抜群ですね。
いや、確かにそれだけなら他にも良いイヤホンがあります。でも、このイヤホンには独特の「空気を含んだ音の魅力」があるように思います。

バスドラムの「ボフッ」という感じや、ライドシンバルの音と音の間の感じが、すごく本物っぽいんですよ。リアリティーがあるんです。バンドの空気を感じずにはいられない音というんでしょうか。
解像感も適度な範囲で収まっているため、音のアラがそこまで目立つことがないというのもロックに向いているのかもしれませんね。
 
そんなわけでYSM-03/Rはロックや生楽器のポップスにピッタリだと感じました。
さらに広い音場や解像感が欲しい方には、上位モデルの02/Sや04/RSがオススメだと思います。

購入はHPからのみ可能なようですが、フジヤエービックさんに試聴機が置かれているそうなので、気になった方はぜひ聴いてみてください!
 
久しぶりに好みの音のイヤホンだったので、気合が入ってしまいました笑
日本もまだまだ負けてないぞって気持ちになるイヤホンです!

関連記事

  1. FX1100 【試聴レビュー】JVC FX1100とFX850をグランド分離で…
  2. XHA-9000 SE-5000HR 【実機レビュー】XHA-9000&SE-5000HR ワイヤレス…
  3. CHORD&MAJOR Electronic Music-Major01'16 【実機レビュー】CHORD&MAJOR Electro…
  4. XD-05 【実機レビュー】xDuoo XD-05 アンプの楽しさあふれる1…
  5. 20151122172659 【実機レビュー】acoustune Resonate HS100…
  6. DN-2002 【実機レビュー】DUNU DN-2002 渾身のフラグシップを試…
  7. OPUS#1 【実機レビュー】The Bit OPUS#1 最高の操作感!
  8. DITA 【試聴レビュー】高級ダイナミック DITA Answer Tru…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

新着ヘッドホンレビュー

HIFIMAN Edition S White 【実機レビュー】Edition S White 色が変わって魅力アップ? Edition X V2 【実機レビュー】HIFIMAN Edition X V2を初代と比較しました YAXI for HD25 Comfort YAXI for HD25 TypeBとComfortを買ってみました(小ネタも) gs2000e-2 【試聴レビュー】Grado GS2000eとPS1000eを聴き比べ massdrop HE-350 RE-00 massdrop限定!HIFIMAN HE-350とRE-00が届きました! moshi avanti 【実機レビュー】moshi avanti 洗練されたデザインとサウンド IMG_1595 【実機レビュー】HIFIMAN Edition S 必聴のHiFiサウンド zoro2 wireless 【実機レビュー】noontec ZORO Ⅱ wireless の音質は? HA-MX100-Z 【実機レビュー】HA-MX100-Zに感じたVICTOR STUDIOの本気 SONOROUSⅢ 【実機レビュー】final SONOROUS III 使って分かった魅力

最新イヤホンレビュー

astrotec AM850 【実機レビュー】Astrotec AM850 メタルとウッドの良いトコ取り! magaosi k3 【実機レビュー】magaosi k3 中華ハイブリッドに新星の予感 RHA CL1 CL750 DACAMP L1 【実機レビュー】RHA CL1 CL750 DACAMP L1 オーディオファン必聴の快作 chord and major 【実機レビュー】Chord&Major 4製品を一挙に聴き比べ! vega2 【試聴レビュー】Campfire Audio VEGA&LYRA IIを聴き比べ! 64audio U4-SE 【実機レビュー】64audio U4-SE この低音は中毒性高し! massdrop HE-350 RE-00 massdrop限定!HIFIMAN HE-350とRE-00が届きました! final F7200 F4100 F3100 【実機レビュー】final F7200 F4100 F3100を聴き比べ! img_2484 JVC新製品 HA-FW01 02 03&SU-AX01聴いてきました PW Audio 【レビュー】PW AUDIO No.5 JP ver.とThe Flashを聴き比べ!

レビューの裏側を語るメルマガ配信中!

サイトには掲載できない話をメルマガで書いてます。
メルマガ読者限定の情報やイベントも企画中!!
「HEAD Bank 編集裏話」にぜひ登録してください!

おすすめポータブルアンプ





おすすめ音楽プレーヤー









おすすめ高級イヤホン















最新記事

  1. astrotec AM850
  2. audioquest DragonFly red
  3. 告知
  4. IMG_3986
PAGE TOP